ダンボールを使えば楽しく遊べる!

ダンボールが沢山余っている家庭というのは多いのではないでしょうか。
ダンボールは宅配便によって貰うことも多いですし、またスーパーなどから持ち帰ることもできます。
いつか使う時が来るだろうと思ってもなかなか使用しないでそのままためてしまうことの方が多いことかと思われます。
しかし、そのままゴミに出してしまうのももったいないでしょう。
ここは子供が喜ぶような遊び道具を作ってみてはいかがでしょうか。
例えばダンボールが沢山あればオリジナルのロボットを作ることができます。
両足、両手、胴体、顔と大きさの違うダンボールをそれぞれ用意しそれらをくっつければ巨大なロボットが完成します。
ダンボール色で一見地味に見えるかもしれませんが、お子さんはその大きな体に驚きを感じることでしょう。
また、ダンボール箱が沢山あるのならそれらを積み木のように積み上げていくのも面白そうです。
ただし、小さいお子さんでは一つや二つ程度のダンボールを積み上げるのがやっとでしょう。
その場合は親御さんが積み上げるのを協力してあげるのもいいですし、小さなダンボールを用意することでお子さんにより多くのダンボールを積み上げさせるというのも良いアイデアだと思われます。
家にダンボールが余っているという方はそのまま捨てずに遊び道具として使用することを考えてみて下さい。