子供のいるお宅にはぜひ

ダンボールには様々な活用術がありますが、お子さんのおられるご家庭ではぜひ活用してほしいと思います。
それはダンボールがいくら固くて頑丈でもつまりは紙でできているので何かあっても大きな怪我にはならないからです。
今のお子さんがするかどうかはわかりませんが、私が子供のころはダンボールのミカン箱を逆さにしてアイドルの真似をして歌っていました。
小さな子供がのって動いたりしてもびくともしませんでした。
それくらい丈夫で安全でしかも、軽いのです。
また、いらないダンボールにクレヨンで絵をかいたり絵の具で色をつけて遊んだりしました。
ダンボールは地が厚いので滅多なことで絵の具が裏側にしみたりしません。
絵を描いた後にそのまま飾るのもよし、絵を描いた部分を切り取ってお部屋に飾るのもよし。
また、ちょっとした箱にもなります。
私の自宅では消火器いれをダンボールで作って保管しています。
また、小さなダンボール箱の表に布を張って小物入れを作りました。
ダンボールには見えないほどかわいらしくでき、ちょっとカラーボックスになりお部屋のインテリアになります。
また、お外で犬などを飼っている方は犬小屋の中に一枚ダンボールをしいてあげるとこれからの季節少しは暖かさが違うかもしれません。